うつ病の症状を正しく理解することが大切【刺激を回避】

ウーマン

原因は様々な心の病気

病院

薬物療法と精神療法

うつ病を発症する原因としては遺伝や性格、ストレスなどがあげられます。遺伝の場合、通常よりも少しだけ発症する確率が高いだけなのでそれほど心配する必要はありません。うつ病になりやすい性格としては生真面目で責任感が強く、物事に熱心な人が多いようです。そして発症しやすい最大の原因となるのがストレスです。人は生活をしていく上で様々なストレスにさらされています。病気や怪我、妊娠なども人によっては強いストレスとなることもあります。また気候の変化や大気汚染、花粉などもストレスとなり、うつ病を発症する原因となるのです。職場や家庭、学校などでの人間関係や引越しや結婚といった環境の変化もストレスとなります。これらの原因が蓄積することによりうつ病になってしまいます。うつ病の症状は精神や肉体の両方にあらわれます。精神的なものとしては思考力や集中力の低下、焦燥感などといった症状が出てきます。また肉体的な症状としては慢性的な倦怠感や食欲不振、頭痛などがあります。人によって症状は様々なので診断に時間がかかる場合もあります。うつ病の治療は、精神科や心療内科など心の病気を治療するクリニックで受けることができます。医師は薬物療法や精神療法などによってうつ病の症状の治療を行っていきます。薬物療法は抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などが使われます。症状によっては薬を使わない場合や服用量や種類も違ってきます。薬を服用する場合は医師の指示に従って使用量を守ることが大切です。うつ病は再発しやすい病気だと考えられています。そのため症状が改善しても半年程度は薬物の服用を医師から指示されることがあります。症状が治まってくれば服薬を忘れがちになる人もいますが、完治させるためにはきちんと薬を飲むことが大切です。精神療法は医師が対話により患者のマイナス思考を変えていく方法です。うつ病を発症すると何事に対しても悲観的、消極的な考えになるものですが、これをプラス思考に変えていくことで症状を改善していきます。精神療法は会話が重要になるため患者が心を開いて話ができる医師を見つけることも大切です。