うつ病の症状を正しく理解することが大切【刺激を回避】

ウーマン

精神科に行く際のポイント

医療

治療の注意点を把握しよう

うつ病の治療の流れですが、精神科医によって多少の違いはありますが、最初に精神保健福祉士が本人はもちろん家族から症状や困っている事を詳しく聞き取りを行います。その上で精神科医が診察を行うのが手順です。通常だと診察をした後に抗うつ剤などの症状を緩和する薬剤を処方します。抗うつ剤は抗生物質などのようにすぐに効果が期待できる薬剤ではないです。中にはきちんとした効果が現れる前に副作用が先に出る場合もあります。そのような時には薬剤を変更したりして、薬剤の量を調整して行きます。通常だと薬剤が効果を発揮してきたら、うつ病による気持ちの浮き沈みが少なくなったり、睡眠のリズムがきちんとしたものになったりしてきます。精神科医は気持ちの浮き沈みが少なくなったり、きちんとした時間に睡眠を取ることができるようになったりしているかを確認していきます。仮に薬剤が効きすぎたら朝に起きることが出来なくなるので、そのような時には薬剤の量を減らしたりするなどして適切な薬剤の量になるように調整していきます。うつ病の症状を緩和させるための治療は自傷他害の恐れがある場合を除き、外来治療で行われます。入院した場合の治療費は高額療養費が適応されるので、月額10万円程度になります。外来治療でも公的保険が適用されます。しかしうつ病の症状は風邪やインフルエンザなどのように短期間で終了するものではなく、ほとんどの場合かなり長期間に渡り薬剤を服用する必要があります。そのため通常通り三割負担で支払ったら支払い総額は大変な負担額になってしまいます。そうならないように厚生労働省では通院医療費公費負担制度を採用しています。こちらの制度を利用したら負担割合が三割負担から一割負担になるだけでなく、毎月の支払い上限枠が個々人の前年度所得に応じて市町村が設定します。上限枠以上は病院代金を支払う必要がなくなるので、複数回診察を受けても経済的な面で心配する必要が全くなくなります。インターネットの口コミサイトでは精神科医の評判も記載されており、当事者の生の声を聞く事も可能です。