うつ病の症状を正しく理解することが大切【刺激を回避】

ウーマン

正しい知識を身に着けよう

カウンセリング

どうして発症するのか

うつ病の症状は、気分が落ち込んだり憂鬱な気分になったりと、初期段階では精神的なものが多く見られます。体に直接的な変化をもたらすことがないため、自分がうつ病になっていると気づきにくいことが特徴です。ちょっと疲れているだけ、と勘違いしやすいので注意しましょう。その後、睡眠や食事、ホルモン系の異常が起こります。このように、うつ病の症状は自分では気づきにくいです。また、ほかの病気とは違って精神的なことが原因になってきます。会社で失敗が続いたり、学校でなかなか周りの環境になじめなかったりと、精神的なストレスを感じる場面は多々あります。そういったことが、症状の原因となってきます。問題なのは、人によってストレスを感じるものが違うという事です。そのため、ほかの人から見て何が原因になっているのかを判断しにくいです。自分が嫌だと感じていることや責任を感じているようなことを取り除いていくと、症状が改善されることがあります。原因を取り除けば症状が和らぐのもこの病気の特徴です。うつ病の治療は、一般的に精神科に行って行います。また、治療をする前に本当にうつ病なのかどうかをチェックします。この時に診断を受けた人のみ治療にうつることができます。しかし、初めて治療を行う人は注意しなければならないことがあります。それは、うつ病だと認定されることの恐ろしさです。今まで症状はそこまで重くなかったのにもかかわらず、診断を受けた後に徐々に重くなってしまうというケースが多いです。これは、自分がうつ病であるという認識を持ってしまうことが原因となります。診断がそのままストレスに結びついてしまうという事です。自分ではストレスに感じていなかったとしても、心の奥底ではストレスに感じているといったことは珍しくありません。そのため、治療を受ける際には症状が重めになってからにすることをお勧めします。ストレスの原因さえ取り除いてしまえば、軽い段階のものなら自然に治るケースが多いです。普通の病気はすぐに病院に行くべきですが、うつ病はそうではないので気を付けてください。